士業のWEB集客情報ブログ

【コンテンツ重視のホームページは集客できない】という恐ろしい事実

『ホームページに
多くの情報を充実させて
お客様に信頼してもらいましょう!』

『コンテンツを増やして、
ページを多くすれば、
SEOにも効果的なんですよ!』

あなたも、こうした話を聞いたことがあるのではないでしょうか?

ここで言う「コンテンツ(情報)」とは、「お客様に、知識を提供するためのページ」のことを指します。

例えば、相続のホームページを作るとしたら、
相続とは?
相続放棄とは?
遺産分割の方法
不動産の名義変更の進め方
のような内容を、「コンテンツ(情報)」と呼びます。

確かに、コンテンツ(情報)を充実させると、お客様(それを読む人)に信頼される気がしますよね。

ページが多ければ、SEO的にも有利だとも言われています。
最近は、「コンテンツSEO」という言葉も、流行ってきています。

しかし、いくらコンテンツ(情報)を増やしても、問合せは増えないのです。

あなたが、お金や時間をかけて、必死にコンテンツ(情報)を増やしても、その努力は水の泡になってしまうのです。

なぜか?と言いますと…

ホームページに載せるべきなのは「他とどう違うのか?」

結論から申し上げますと、ホームページでは、
『あなたは、他の事務所とどう違うのか?』
という点を伝えないと、集客できないのです。

別の言葉で言えば、
『お客様は、なぜ他の事務所ではなく、あなたに依頼すべきなのか?』
が書かれていなければならない、ということです。

当たり前ですが、お客様は、いろいろな事務所のホームページを比較しています。
お客様に他の事務所と比較された時に「この事務所が一番良さそうだな」と思ってもらわなければ、問合せしてもらえないのです。

つまり、他の事務所と“差別化”する必要があるのです。

いくらコンテンツ(情報)ページが多くても、それだけでは差別化できません。

今の時代、コンテンツ(情報)はネット上にあふれています。
ですので、あなたがコンテンツ(情報)を提供しても、差別化にはならず、”数ある情報の一つ”として、埋もれてしまうだけです。

大切なことなので繰り返しますが、ホームページで伝えるべきなのは、
『あなたは、他の事務所とどう違うのか?』
『お客様は、なぜ他の事務所ではなく、あなたに依頼すべきなのか?』
という内容です。

あなたのホームページには、これらの内容が書かれていますか?

もし書かれていないなら、いくらコンテンツ(情報)を増やしても、問合せを増やすことはできません。

あなたもぜひ、他の事務所との差別化に注力してください。

補足:コンテンツを増やすのは、他と差別化できてから。

補足としてお伝えしますが、コンテンツ(情報)を増やすのは、まったくの無駄、という訳ではありません。

コンテンツ(情報)が増えれば、SEO的にも有利になりやすいので、あるに越したことはないのです。

大切なのは、『差別化できてから、コンテンツ(情報)を増やす』ということです。
つまり、順番が大事なのです。

『あなたは、他の事務所とどう違うのか?』
『お客様は、なぜ他の事務所ではなく、あなたに依頼すべきなのか?』

こういった内容をホームページにちゃんと載せた上で、コンテンツ(情報)を増やせば、アクセスアップできて、問合せも増えます。

要するに、以下の様なイメージです。

差別化できていない状態で、コンテンツ(情報)に注力した場合

コンテンツ(情報)を増やす

アクセスは増える

しかし、差別化できていないので、他の事務所と比較されて負ける

いくら頑張っても、問合せが増えない…

差別化できている状態で、コンテンツ(情報)に注力した場合

ホームページに『他の事務所とどう違うのか?』が書かれている
(つまり、差別化できている)

コンテンツ(情報)を増やす

アクセスが増える

差別化できているので、他の事務所と比較されても勝てる

問合せが増える!

このように、コンテンツ(情報)を増やすのは、差別化できた後でいいのです。

この順番を間違えないようにしてくださいね。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

毎月先着10名様限定の、無料調査(3万円相当)はこちら

PAGETOP