士業のWEB集客情報ブログ

【綺麗だけど集客できない…】にサヨナラ。HPデザインのポイント4つ

【綺麗なだけのホームページは
集客できない。】

これは、私が
数百ものホームページをサポートして
辿り着いた結論です。

今の時代、
ホームページ制作会社は
海千山千です。

正直、
フリーランスの
ウェブデザイナーの方などに頼めば、

数万円で
ホームページを
作ってくれることもあります。

また、今では
Jindo(ジンドゥ)などの
無料のホームページ制作ツールも
たくさん登場しています。

こういったものを使えば、
見た目が綺麗なホームページを作るのは
かなり簡単です。

しかし、それでも
当社には、

「せっかくホームページを作ったのに、
集客できません…」

というご相談が
日々寄せられてきます。

こういったことからも、
「綺麗なだけでは集客できない」
ということが、
お分かりいただけるかと思います。

では、
ホームページのデザインでは
何に気をつけなければいけないのか?

そこには、
4つのポイントが
あるのです。

集客できるホームページが実践する、デザインの4つのポイント

当社が制作した
サンプルホームページを見ながら
主なポイントを解説していきます。

ポイントは、
(1)本物の写真があるか?
(2)電話番号が目立つか?
(3)パッと見て「何屋さんか?」が分かるか?
(4)「他との違い」が強調されているか?
の4つです。

1つずつ、
具体的に解説していきます。

(1)本物の写真があるか?

1つ目のポイントは、
「本物の写真があるか?」
です。

ここで言う
“本物の写真”というのは、

「素材集の画像ではない、
実際に撮影した写真」

のことを指します。

士業は、
「人が商品」のビジネスです。

“写真が載っていない”
というのは、
“商品写真がない”
ということと同じ
です。

よく、
素材集の画像ばかりを使った
ホームページを見かけます。

しかし、
素材集の画像だけだと、
問合せ率はガクッと下がります。

素材集だけだと、
人の気配が感じられない、
冷たいホームページになります。

素材集だけで作るなら、
他の事務所でも
まったく同じホームページを作れる、
ということになってしまいます。

ホームページを見るお客様も、
暗に「これ、素材集だよね」
と気づいています。

あなたのホームページには
「本物の写真」が
載っていますか?

(2)電話番号が目立つか?

電話番号が目立つか?
も重要なポイントです。

士業事務所への問合せは、
メールよりも、
電話の方が多い傾向があります。

よく、
デザインのカッコ良さを優先させて、

電話番号を
ものすごく小さく書いている
ホームページを見かけますが…

電話番号が見つかりづらい、ということは、
お客様に「問合せしてこないで下さい」と
言っているようなもの
です。

電話番号は、
ホームページの右上や、
フッター(一番下の部分)などに

大きく、分かりやすく、
すぐ目に入るように
配置しましょう。

(3)パッと見て「何屋さんか?」が分かるか?

ホームページは、
「パッと見で”何屋さんか?”が分かるか?」
が重要です。

人間は、
ホームページをパッと見て、
3秒以内に

「このホームページを読むか?
別のホームページを見に行くか?」

を決めている、
というデータも出ています。

つまり、3秒以内に、
“何屋さんか?”を伝えなければならない
のです。

この時に重要なのが
左上のタイトルです。

人間は、無意識に
ホームページの左上のタイトルを見て
「そのホームページが何屋さんなのか?」
を判断しています。

この時、タイトルの部分に
事務所名や屋号だけしか載っていないと、

「具体的に、
どんなサービスを提供しているのか?」

が分かりづらくなってしまい、
問合せ率を落とします。

では、
どうすればいいか?

先ほどご紹介した
当社のサンプルホームページは
「会社設立」のサービスを打ち出した
ホームページになっています。

タイトルは、
「会社設立代行サービス」
になっています。

これなら、
タイトルを見るだけで、

「会社設立を
代行してくれるところなんだ」

ということが
伝わりますよね。

つまり、
離婚相談サポート
建設業許可に強い●●事務所
のように、

左上のタイトルに
サービス名を含めましょう、
ということです。

これだけで、
「パッと見で何屋さんかなの?」
が伝わるようになり、
集客力が上がります。

逆に、ここが
~~行政書士事務所
~~社会保険労務士法人
のように、

事務所名だけだとアウト、
ということです。

(4)「他との違い」が強調されているか?

当たり前ですが、お客様は、
「デザインが綺麗かどうか?」で
依頼先を決めているのではありません。

お客様は、
この事務所は、他とどう違うのか?
この事務所に依頼すると、どんなメリットがあるのか?
を気にしています。

だからこそ、
デザインのみならず、
ホームページ全体の文章にも
力を入れていく必要があるのです。

そして、その文章を
デザインで引き立たせる、
ということが重要なのです。

極論すれば、
デザインというのは、
文章を引き立たせるためのサブ的な役割

と言っても過言ではないのです。

文章のポイントについては、
以下の記事でも詳しく解説していますので、
ご参照下さい。

【HPに何を書けば、問合せが増えるのか?】 2つのポイント

まとめ

(1)本物の写真があるか?
(2)電話番号が目立つか?
(3)パッと見て「何屋さんか?」が分かるか?
(4)「他との違い」が強調されているか?

ホームページのデザインでは、
この4つのポイントを押さえて下さい

また、これらのポイントは、
ホームページ制作会社を選ぶ時にも
役立ちます。

その制作会社の制作実績を見て、
これらのデザインのポイントが押さえられているか?
をチェックすればいい訳です。

参考になれば幸いです。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

毎月先着10名様限定の、無料調査(3万円相当)はこちら

PAGETOP