士業のWEB集客情報ブログ

この費用を削ると、事務所が潰れます。

あなたは、絶対に削ってはいけない費用をご存じですか?

事務所を運営していれば、必ず「費用」が発生しますよね。

例えば、
人件費
事務所の家賃
備品や消耗品の費用
などなど。

無駄な費用を減らせば、それだけ利益が残りますので、節約に気をつけている人も多いと思います。

しかし、数ある費用の中で、絶対に削ってはいけない費用があるのです。

これを削ってしまうと、売上がどんどん減ってしまい、最悪の場合、廃業に追い込まれかねません。

では、その「削ってはいけない費用」とは何かと言うと…

【広告費】は、絶対に削ってはいけない!

そう。

絶対に削ってはいけない費用とは、【広告費】です。

なぜ広告費を削ってはいけないのか?

その理由は、「広告費だけが、唯一、お客様を集めてくれる費用だから」です。

いくら自分の手取りを増やしても、お客様は増えません。
いくら家賃の高い綺麗な事務所で活動しても、お客様は増えません。

PPC(リスティング広告)はもちろん、DMやチラシなど、いろいろな広告手法がありますが、

これらにかけた広告費だけが唯一、お客様を集めてくれる費用なのです。

よく、事務所の経営を改善するために、広告費を減らそうとする人がいますが、それは間違いです。

(もちろん、ケースバイケースですが、やれることをすべてやって、最後に広告費を減らすことを考えて下さい)

広告費は、「消えてなくなってしまうお金」ではありません。

広告費は、「まだ見ぬ、未来のお客様を集めてくれる投資金額」なのです。

広告費は、ロス(損失)ではなく、コスト(未来への投資)なのです。

ここを間違えず、広告費を有効活用してくださいね。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

毎月先着10名様限定の、無料調査(3万円相当)はこちら

PAGETOP