士業のWEB集客情報ブログ

士業業界で生き残る人、淘汰される人…。その違いとは?

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残るのは、変化できる者である』

これは、「進化論」を唱えた、ダーウィンの名言です。

これは、マーケティングの分野にもそのまま応用できます。

あなたも、
~~した方がいいか?
それとも、しない方がいいか?
のように、行動すべきか否か?を迷った経験があると思います。

もしかしたら、現在進行形で、迷っている最中の人もいらっしゃるでしょう。

例えば、
PPC(リスティング広告)をやるべきか?
それとも、やらない方がいいのか?
といったことだったり、

サービスの値段を変えたほうがいいのか?
今のままの方がいいのか?
といったことだったり。

こういった迷いが生じた時には、「とりあえずやってみる」ことをお勧めします。

何故かと言うと…

やってもやらなくても、結果は五分五分

やった方がいいのか?
やらない方がいいのか?

あなたがこのように迷っているということは、あなたの肌感覚として、「やって上手くいくかもしれないし、上手くいかないかもしれない」という状況のはずです。

(絶対に上手くいきそうなら迷わないですし、逆に、絶対に失敗しそうなら、そもそも迷わないですよね。)

つまり、行動してもしなくても、成功確率は50%、ということです。

行動しなければ、一生、今のまま、現状維持で終わります。

逆に、行動すれば、50%の確率で成功できるかもしれない訳です。

簡単にいえば、成功確率50%の宝くじを引くようなもの。

これって、相当、魅力的ではないでしょうか?

行動して上手くいけば、儲けものですし、

逆に上手くいかなくても、改善していけばいい話で、最悪、元に戻せばいいだけです。

人生は、誰でも一度きりです。

せっかくのあなたの人生ですから、将来、「あの時、やっておけば良かった…」と後悔するのは、あまりにも悲しいですよね。

「あの時、やっておいて良かった!」
そう思える人生を歩んでほしい。

私は強く、そう願っています。

変化(行動)すれば、その瞬間から、あなたの人生が動き出すのです。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

毎月先着10名様限定の、無料調査(3万円相当)はこちら

PAGETOP