士業のWEB集客情報ブログ

目標を”前倒しで”達成する、簡単スケジュール管理法

『今日は忙しかったから、
また明日やろう…』

あなたも、
「今日やろうと思っていた予定を達成できなかったから、やむを得ず先延ばしにしてしまった」
という経験があるのではないでしょうか。

ハッキリ言いますが、これはかなり危険な状況です。

何故かと言うと、やるべき予定が先延ばしになる、ということは、あなたの目標達成が先延ばしになる、ということとイコールだからです。

私は、あなたには目標達成を先延ばしにしてほしくありません。

むしろ、目標を”前倒しで”実現してほしい。
そう思っています。

では、どうすれば目標を前倒しで達成できるのか?

その秘訣は、スケジュール管理法にあります。

多くの方は、ToDoリスト(やるべきことリスト)で予定を管理されているかと思います。

例えば、

□~~する
□~~の書類を書く
□~~に連絡する
□~~と打ち合わせ

のようにリストアップして、管理している方もいるでしょう。

確かに、こういった管理法もやらないよりは良いのですが…
これだけだと、かなりの確率で、予定の先延ばしが起こります。

では、どうすればいいのか?と言いますと…

ToDoリストを、スケジュールに落とし込め

そう。

「 ToDoリストを、スケジュールに落とし込む」

たったこれだけで、予定を先延ばしにしてしまう確率がグンと低くなります。

どういうことか?具体的に解説しますね。

やることは非常に単純で、「その日の何時~何時に、何をやるのか?」を決めてしまえばいい、ということです

イメージとしては、以下のような形です。

上記のように、ToDoリストを書き出すだけでなく、手帳やグーグルカレンダーに「その日の何時~何時に、何をやるのか?」まで書いて、強制的にやらざるを得ない状況を作る、ということが大事なのです。

あとは、スケジュールに沿って、たんたんと予定をこなしていけばOKです。

ものすごく簡単なことですが、これだけで、先延ばしを防げます。

先延ばしを防げるということは、目標達成を前倒しにできる、ということです。

ぜひ、あなたも実践して頂ければと思います。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

毎月先着10名様限定の、無料調査(3万円相当)はこちら

PAGETOP