士業のWEB集客情報ブログ

関連キーワードがザクザク見つかるツール18選

ネット集客を行う上で、キーワード選定はとても重要な作業の一つです。

しかし、キーワードを一つ一つ考えていては、正直、時間がいくらあっても足りませんよね。

そこで今回は、関連キーワードをザクザク見つけられるツールを、18個ご紹介します。

これらのツールを使うことで、作業時間と手間を大幅に解消できますので、ぜひご活用下さい。

(1)good keyword


http://goodkeyword.net/

good keywordは、グーグルやBingのサジェスト機能で表示される関連キーワードを、一括で取得できるツールです。

例えば、「会社設立」と入れて検索してみると、以下のようにずらっと検索結果が表示されます。

※グーグルやBingのサジェスト機能とは?

検索窓に単語を入力すると、候補となるワードが表示される機能のことです。

よく検索されている関連キーワードが表示される傾向があります。

(2)ubersuggest(ユーバーサジェスト)


http://ubersuggest.org/

ubersuggest(ユーバーサジェスト)も、先ほどのgood keyword同様、サジェスト機能の関連キーワードを一覧で表示してくれます。

(3)キーワードアドバイスツール


http://tool.ferret-plus.com/tkwsearch

フェレットが提供している関連キーワード発掘ツールです。

無料の会員登録をすることで、使えるようになります。

検索数や検索推移(トレンド)も分かるので、とても便利です。

また、CSV形式で関連キーワードをダウンロードすることもでき、活用しやすいのも特徴です。

(4)キーワード発想ツール


http://tool.ferret-plus.com/suggest

「ユーザーが検索しているキーワードの、次に検索している関連キーワードを表示してくれる」という、変わったツールです。

類義語を探せる機能もあるので、いろいろな関連キーワードを探すことができます。

(5) Yahoo!関連語ツール


http://tool.ferret-plus.com/ykwsearch

ヤフーが提供している関連語を探すことができます。

(6)グーグルキーワードプランナー


http://adwords.google.co.jp/KeywordPlanner

グーグルが提供しているツールです。

関連キーワードの検索数や、PPC(リスティング広告)の予想クリック単価も表示してくれるので、マーケティングにも役立ちます。

グーグルアカウントを取得すると使えるようになります。

(7)グーグルトレンド


http://www.google.com/trends/explore

特定のキーワードの、検索推移(トレンド)が分かるツールです。

関連キーワードも合わせて表示してくれます。

(8)ヤフーキーワードアドバイスツール


https://promotionalads.business.yahoo.co.jp/Advertiser/Tools/KeywordAdviceTool

ヤフープロモーション広告に登録すると、使えるようになります。

デバイスごと(PC、スマホ、タブレット)の検索数を調べることもできます。

(9)rishirikonbu.jp


http://rishirikonbu.jp/

関連キーワードを表示してくれるとともに、「SEOで1位に表示された場合の予想アクセス数」も分かります。

あくまで予測の数値ではありますが、対策前にどのくらいのアクセス数になるか?がある程度予想できるので、とても便利です。

(10)関連キーワード取得ツール(仮名・β版)


http://www.related-keywords.com/

グーグルのサジェスト機能や、Yahoo!知恵袋、教えて!gooといった情報源から、関連キーワードを取得できます。

Q&Aサイト(Yahoo!知恵袋、教えて!goo)を情報源にしているツールは珍しいので、他とは違う関連語も見つけやすそうです。

(11)キーワードウォッチャー


https://www.keywordwatcher.jp/

他にはない「関心ワード」機能を使うことで、ユーザーがどんな関連キーワードに興味を持っているか?を知ることができます

有料なのですが、無料プランもあるので、まずは試しに使ってみるとよいでしょう。

(12)類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書


http://thesaurus.weblio.jp/

類語や対義語、反対語などを検索できます。

こういった類語検索は、単語の幅が広がるので、お勧めです。

(13)類語.jp


http://ruigo.jp/

こちらも、類語を検索できるツールです。

(14)kizasi.jp


http://kizasi.jp/

世の中の数多くのブログで使われている関連キーワードを探すことができます。

(15)keygram


http://kizasi.jp/labo/keygram/keygram.py/

こちらも、ブログを情報源としています。

それぞれの関連キーワードがブログで使われた時期や、使っている年齢層、性別なども分かる、少し変わった機能を備えています。

(16)きざし的フォークソノミー


http://kizasi.jp/labo/topics.py

共起語を探せます。

共起語を多く使うことで、SEO的にもプラスの効果があると言われています。

※共起語とは?

特定の単語と、よく一緒に使われる単語のこと
(関連キーワードとは若干意味合いが異なります。)

例えば、「夏」の共起語は「麦わら帽子」や「かき氷」「プール」等が挙げられます。

(17)グーグルウェブマスターツール


https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

自分のサイトに訪れた人が検索しているキーワードを知ることができます。

これを元に、関連キーワードを広げていく、という使い方がお勧めです。

サイト登録後、「ログイン⇒検索トラフィック⇒検索クエリ」で、検索キーワードのデータを見ることができます。

(18)グーグルアナリティクス


http://www.google.co.jp/intl/ja/analytics/

こちらも、自社サイトの検索キーワードを解析できます。

設定した後、「ログイン⇒集客⇒オーガニック検索」と進めばOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

キーワードは、「思いつく」「ひらめく」といったものではなく、「探す」「見つける」ものです。

一つの関連キーワードが見つかったら、それを元にさらに探していくことで、思いもしなかった関連キーワードを見つけることもできます。

自分の頭だけで考えていても、どうしても限界がありますので、こういったツールを活用することをお勧めします。


この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。

毎月先着10名様限定の、無料調査(3万円相当)はこちら

PAGETOP